2011年8月1日

九州旅行 in 2011

サッカーを観戦して新幹線に乗りに九州まで行ってきました。

7月30日 (土)

  1. 飛行機で羽田空港から福岡空港へ
  2. 車で友達に拾ってもらって、レベルファイブスタジアムを見学してから小倉港へ
  3. 名物「焼きカレー」を食べてから巌流島へ
  4. 小倉駅付近でホテルを探してチェックイン
  5. 本城競技場へ行って J2 観戦
  6. ホテル付近で晩ご飯

北九州市の高速道路が非常にややこしく、運転が大変そうでした。 高速道路のインターチェンジで右から合流するパターンはやめて欲しいなぁ、と思います。 都内の首都高でも怖いパターンです。

巌流島は宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の舞台として有名ですが、 現在の島の面積は当時の6倍にもなるそうです。 今はきれいな公園風になっており、関門橋を見るには絶好のロケーションです。 なお、決闘のくだりに関しては Wikipedia の記事に詳述されています。

J2 の試合ではFC東京が負けてしまいましたが、 翌朝の地元のラジオでは「あのFC東京に勝った!」という扱いだったのが印象的です。 これを機にサッカーの裾野が広がってくれると良いですね。 とはいえ、東京にはそんなこと言ってる余裕が...ぁ

晩ご飯は現地の居酒屋に行きましたが、価格が良心的でした。 九州と言えば焼酎のイメージしかなく、料理の味付けに関しては身構えずに行きましたが、 関西よりは関東よりの味付けに近い感じでした。 単なるお店による違いかもしれませんが、おいしいお店でした。

7月31日 (日)

  1. ホテルから博多駅へ
  2. 新幹線で博多駅から鹿児島中央駅へ
  3. 路面電車 (市鉄) で中央駅から水族館前へ
  4. フェリー乗り場まで数分歩く
  5. フェリーに乗って桜島へ
  6. 桜島でレンタサイクル
  7. 逆順に博多駅に戻る
  8. 地下鉄で博多駅から空港駅へ
  9. 飛行機で福岡空港から羽田空港へ

博多駅は数ヶ月前にリニューアルされたそうです。 駅前ではミストシャワーが動いており、涼しげな雰囲気でした。 新幹線乗り場には宣伝も多く、写真を撮っている人もまだまだいました。 車内も快適で、座席がちょっと広々していました。 なお、切符には2枚切符「博多〜鹿児島」というものがあり、当日購入でもちょっとお得なようです。

九州新幹線の終点である鹿児島中央駅には観光案内所があります。 ここで桜島の観光マップをもらえます。 また、観光案内所から出口方面にかけてコインロッカーが充実していますので、 多少は大きな荷物があっても安心です。

市電 (トラム) に乗って鹿児島駅の少し手前で降ります。 フェリー乗り場駅と水族館前のどちらでも構いませんが、 水族館前の方が近いよ、と市電に乗るときに観光ガイドの人が教えてくれました。

桜島のフェリー乗り場を降りるとすぐにレンタカー屋さんがあります。 ここで自転車も借りられます。 借りる目安時間を伝えると、その時間に合わせたコースを教えてくれます。 上り下りがありますが、車の少ない道を走るととても快適で、山と岩と海の景色がきれいでした。 道には時折、灰が積もっており、別世界にやってきたなぁ、という気持ちになります。

そうこうしている内に帰る時間になりますので、新幹線で博多に戻ります。 航空券を「羽田→福岡 + 鹿児島→羽田」で購入できれば良かったのですが、初動が遅くて売り切れでした。 博多駅と福岡空港は地下鉄で数分ですが、接続を考えると意外と時間がかかります。 複数の経路を扱ってくれる旅行代理店が増えると良いのになぁ、と思いました。

たまにはフラッと旅行に行くのも良いですね。

コメントを投稿