2010年11月7日

2010 ヤマザキナビスコカップ FINAL

11月3日の数日前に「指定席のチケットが余っている」と声をかけてくれた友達がいましたので、 ふたつ返事で試合を見に行きました。 去年はFC東京の試合でしたので朝から並んで応援席を確保しましたが、今年は東京が敗退してしまったためにチケットを購入していませんでした。 それが逆に功を奏した、ともいえます。


当日は国立競技場のお隣の神宮球場で早慶戦もあり、チケットをくれる友達はこちらを見るので試合までに取りに来て欲しい、という不思議な状況でした。 いざ受け取ってみると、なんと普通の指定席ではなく SS 席!というか、特別招待席!!! 試合後の表彰式で選手がトロフィーを掲げる場所の直下です。 要するに一番良い席でした。


試合は一進一退の攻防で90分では2対2で決着が付かず延長戦へ突入。 延長戦でも互いに点を取り合って、終わってみれば5対3でジュビロ磐田がサンフレッチェ広島に勝利しました。 メインスタンド中央中腹から見る試合は初めてでしたので、良い試合を観たな、と二倍思えるお得感を味わえました。


とはいえ残念だったのは、座席がかなり空いていたことです。 自由席の空きは単純にチケットが売れなかったので、理由は分かりやすいと思います。 しかし、特別招待席が半分以上も空いているのは、もっとなんとかできないのかな、と思います。 スタジアムに行くと座席によっては試合が見えにくいからテレビで観戦する、という人が多いのは分かりますが、あの席なら違う気がします。 やっぱり行けなくなった、というときに、不特定多数の人でももっと気軽に素早く情報とモノを共有できる仕組みができると良いですね。

コメントを投稿